理事長 御子柴直樹

新芽から桜の花と、春の訪れを感じる季節となってまいりました。本来であれば、春の陽気とともに新年度を迎え新しい学校生活をスタートしていることと存じます。本年度は、学校のみならず、全世界の様々なところで今まで経験したことのない大きな試練からの新年度スタートとなりました。保護者の皆さま、ご家族、ご親族方々が、心身ともにご健康であることを心から願っております。

さて、このような状況において新年度を開始するにあたり、安全、健康を第一に、出来るだけ早く子どもたちに可能な限り充実した学習環境を提供出来るよう、鋭意努めて参る所存です。今までに無い新しい取り組みも試す必要に迫られています。手探りな部分や、試行錯誤があるかもしれません。今までの価値基準と異なる発想も必要とされております。この試練をチャンスと捉え、新たなる取り組みに大いに挑戦し、この50年の歴史ある補習校の存続からさらなる発展に向けて、理事会・教職員そして保護者が一丸となり取り組んでまいります。皆さまのなお一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。