2/29 大野教頭先生離任のご挨拶

サンフランシスコ日本語補習校に日本から派遣でいらしている大野芳之教頭先生が3年の任期を終え、本日が幼小部サンノゼ校在校の最終日でした。朝の全校朝会では、大野教頭先生から、「補習校は、日本語勉強するところ」、その大切さと素晴らしさのお話があり、子どもたちにとって「激励の言葉」となりました。大野教頭先生、3年間ありがとうございました。

2/29 幼稚部小1訪問

もうすぐ1年生になる幼稚部の子どもたちが、もうすぐ2年生になる1年生の教室を訪問しました。1年生は「たぬきの糸車」の音読を幼稚部の子どもたちに聞かせました。音読発表の後は、幼稚部の子どもたちから、1年生に質問をするコーナーがありました。「宿題はむずかしいですか?」「教科書は重たいですか?」などなど、たくさんの質問が挙がりました。春には1年生、2年生になります。互いに成長を感じる交流となりました。

2/29 6年卒業式の練習

来月卒業式を迎える6年生の練習が本格的に始まりました。卒業式の答辞は自分たちの6年間を振り返っての合同での発表と、自分の将来の夢を一人一人が語ります。そして、その夢に向かう気持ちを込め、児童による指揮と伴奏で「輝くために」の歌の合唱もあります。保護者の皆様、6年間の成長をご覧いただけますよう、卒業式を楽しみにお越しください。

2/29 5年音読発表会

5年生の音読発表会は「わらぐつの神様」でした。各クラスでは、保護者を教室へ案内する係、進行係、挨拶係、発表のリード係などを分担し、自分たちの力で発表会を行いました。音読発表の後は、「5年生で一番心に残ったこと」や「保護者への感謝の気持ち」を一人一人が自分の言葉で、原稿を見ずに発表していました。参観に来られた保護者の方も「この一年の子どもたちの成長を感じました。」など感想をいただきました。また、この発表会でクラスの仲間が互いのいいところを見つけ合い応援し合うなど、クラスのまとまりを感じる締めくくりの発表会となりました。

2/22 幼稚部「卒業の言葉」練習

幼稚部の子どもたちはどんなことにも一生懸命。「卒業の言葉」もしっかり覚えて大きな声で言えます。卒業式でお父さんやお母さんはその姿を見て、微笑ましくも頼もしく、成長を感じられることでしょう。「ぼくたち、わたしたちは、四月から1年生になります。」という言葉通り、1年生の準備は、もうすっかり、できています。

2/22 児童会委員会「後期の振り返り」

児童会では、「安心して過ごせる学校」を目指し、後期から休み時間に通路を走らないように呼びかける「見守り隊活動」を自主的に続けていました。ポスター作り、呼びかけを続けて半年、今日は「呼びかけの効果」調査も実施しました。その後の委員会では、その結果から、反省や今後の課題を自分たちで考えて、児童主体の活動がさらに深まりました。

2/22 5年生「自作の物語」を読み合う

国語「1枚の写真から」の学習で物語を作った5年生は、読書タイムを利用して、「ほかのクラスの友達の作品も読もう」と、中庭で作品を読み合い、感想を伝え合いました。学年間の横のつながりを大切に、交流を深める学習活動でした。

2/22 1年生音読発表会

1年生は、国語「たぬきの糸車」の音読発表会がありました。この1年間毎日1回(週7回)音読をしてきた成果を発表しました。お父さんお母さんたちも嬉しそうに参観されていました。保護者の方々の音読支援の賜物でもあります。「継続は力なり」ですね。

2/15 校内文芸作品コンクール表彰式

サンフランシスコ日本語補習校では、毎年校内文芸作品コンクールを実施しています。今日はその受賞者の表彰式がありました。校長先生から賞状を頂きました。補習校の児童たちは、毎週の作文の宿題を一生懸命書き、自分の思いを日本語で表現する努力をしてきました。校長先生からは、「言葉を選ぶ」ということの大切さや素晴らしさの講話がありました。受賞者のみなさん、おめでとうございます。

2/15 幼稚部卒業式の練習

卒業式まであと1か月になりました。幼稚部の卒業式の練習が始まり、卒業証書の受け取り方の練習をしました。「名前を呼ばれたら大きな声で返事をする」そして、「足、手の出し方」や「ゆっくり姿勢よく証書を受け取る」手順を教わりました。小さい体で手をピンと伸ばして証書を受け取り、礼をする姿は、1年前の入学式の姿よりずっと大きく成長していました。

2/15 2年生算数「はこの形」

2年生の算数の学習では、「はこの形」を学びます。日本語で「面・辺・頂点・長方形・正方形」と難しい図形の呼称を何度も繰り返しながら覚えています。今日は「はこの形」を組み立てて作りました。「どの面とどの面が向き合えば箱ができるだろう?」「同じ形の面はいくつあるの?」「辺の数はいくつでしょう?」「頂点の数はいくつでしょう?」組み立てながら、頭をフル回転させる活動でした。

2/15 図書コーナー「今月のおすすめの本」

図書コーナーは子どもたちに「たくさんいろいろな本を読んでほしい」という願いから、保護者の方が、毎週ボランティアで運営してくださっています。そして「こんな本も読んでほしいな」という「おすすめの本コーナー」も毎月考えて、こんなかわいいボードを作ってくださっています。図書コーナーに行って是非おすすめの本を借りてください。

2/8 児童会「王様じゃんけん」

児童会委員が「王様じゃんけん」を開催しました。札を持ち、校内を回って宣伝した甲斐があり、たくさんの児童が集まり、ゲームがスタートしました。どこもかしこもじゃんけんの真剣勝負。王様とのじゃんけんに勝ち抜いて、冠をもらうときには「やった!」と満面の笑みでした。負けた王様も再度挑戦。挑戦者の列は絶えません。児童会企画は大成功、大盛況でした。

2/8 幼稚部「お店屋さんごっこ」

「いらっしゃいませ。」「これください。」かわいらしい店員さんとお客さんがニコニコしながら「お店屋さんごっこ」を楽しんでいました。パンとお弁当を売っている「おいしいものや」、ケーキとメガネのお店「じゃんぼ」、カードとカゴのお店「きゅうや」、どのお店も大盛況です。1か月ほど前から、自分たちでお店の名前を決め、看板づくりや、ご家庭から寄付いただいた材料で商品作りをしました。心を込めて作った商品を買ってもらえると、「ありがとうございました。」という声も自然に出てきますね。

2/8 2年生「おにごっこ」

2年生の国語の単元に「おにごっこ」という説明文があります。「おにごっこ」は、いろいろなルールを作って遊ぶことができます。そこで、各学級で「話し合い」をし、自分のクラスだけの「おにごっこ」のルールを作りました。活動の時間を使って、自分たちのクラスで作った「おにごっこ」を実際にやってみました。「自分のクラスだけのルール」には、特別感があって、クラスが一つになって楽しむことができました。

2/8 図書委員「紙芝居読み聞かせ」

いよいよ図書委員の紙芝居読み聞かせの本番です。教室では幼稚部・低学年の子どもたちが嬉しそうに待ち構えていました。図書委員の児童が読み始めると、みんなは真剣に聞き入っていました。紙芝居が終わって、「おすすめの本はありますか?」など、図書委員のお兄さんお姉さんに質問していました。教室を出た図書委員たちは、「かわいかった!」「楽しかった!」と嬉しそうに話していました。こうした学年縦割り活動は互いの心に残る素晴らしい交流です。

2/1 幼稚部「豆まき」

2月3日は節分です。節分は立春の前の日「季節を分ける」という意味で、日本では平安時代の宮中から伝わる厄や災難を払う行事でした。今日はボランティアのお父さんたちが扮した「鬼」に幼稚部のみんなは「鬼は外、福は内」と豆を元気に投げて、日本の伝統行事をカリフォルニアの青空の下で楽しみながら行いました。皆さんも一年健康にすくすく育ってください。

2/1 図書委員 紙芝居読み聞かせ練習

先週に引き続き「紙芝居読み聞かせ」の2回目の練習です。図書委員たちは家でも練習をしました。今日は本物の紙芝居を使い、「ゆっくりめくる」「さっとめくる」など、めくり方の練習もしました。準備万端、本番は来週です。

2/1 児童会「王様じゃんけん大会」予行練習

児童会の雨の日企画「王様じゃんけん大会」の予行練習をしました。実際にやってみて、「もっと王様の人数をふやしたほうがいいのでは?」とか、「ルールは簡単に分かるか?」などなど、課題をみんなでを解決していきました。雨降りの土曜日がなかなかやってきませんが、こんなに楽しい企画なので、「お天気でもやってみよう!」と、来週実施が決定しました。来週の昼休みは楽しい企画が待っています。

2/1 3年生理科「じしゃくのふしぎを調べよう」

「磁石につけた鉄は磁石になる」これは本当かな?という疑問を持ち、「クリップ」に磁石を動かして同じ向きにこすり、クリップに砂鉄を近づけてみました。児童は「くっついた。」と、言いながら実験結果をノートに貼り付けました。疑問を持ち、それを実験してみることによって、新しい発見や疑問が生まれます。これが理科の学習の面白みです。